音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

ジェジュン

ジェジュンVocalReview「MINE」

もうお馴染みの曲だ。 2013年1月に発売された彼の最初のソロミニアルバム「I」に収録されている彼の自作曲。 「俺の領域は犯すな」という強い口調のハードロック。 当時、彼が置かれた環境にこの詩の内容を投影させて感じ取った …

ジェジュンVocalReview「Sign」(Flawless Love)

ジェジュンの日本ソロデビュー曲「Sign」だ。 この曲に於いても上手く声が顔の前面に乗っている。 ちょうどメロディーラインが彼の鼻腔に当たりやすい音域になっているのがわかる。ただ、フェイスボイスにしては、エアーの流れが少 …

ジェジュンVocalReview「Rotten Love」(Flawless Love)

この曲も2013年発売のソロアルバム「WWW」から。 この曲は韓国語で歌われている。 韓国語で歌う方が彼の場合、声の状態がいい。 なぜなら韓国語の言語ポジションはフェイスボイスのノーズポジションにあるからだ。 これは韓国 …

ジェジュンVocalReview「Run Away」(Flawless Love)

この曲がこの日の数ある歌唱の中で一番出来がいいと感じた。 元来、この曲はアルバム「WWW」の中でも異質の存在だ。 それはこの曲だけが発声を変えて彼が歌っているからである。この曲以外の歌声はビブラートの存在するフェイスボイ …

ジェジュンVocalReview「IMPOSSIBLE」(Flawless Love)

冒頭から高音域の音が並ぶメロディー展開で、ハイトーンボイスが要求される楽曲。 確かにこの日の喉の調子はいいとは言えない。しかし、そこばかりを注視してもレビューにならない。 この曲には、ジェジュンという歌手の表現力がそのま …

ジェジュンVocalReview「One」(Flawless Love)

アルバム「Flawless Love」に収録された曲。 幻想的で霧の中から声が浮かび上がってくるイメージの楽曲だ。 この曲に関して、彼は出来るだけ、声のポジションを鼻腔に入れることを心掛けているように聴こえる。 ただ冒頭 …

ジェジュンVocalReview「LAVENDER」(Flawless Love)

ジェジュン2枚目のシングル「Defiance」のコラボ曲。 この曲はやや高めの中音域が中心の曲。ちょうど彼にとってのノーズポジションの音域のメロディーが並ぶ為、この曲に関してはそれほど声の状態が悪くない。 ただ、後半のク …

ジェジュンVocalReview「Your Love」(Flawless Love)

この曲は2018年の「The Reunion in memory」でも歌われていて、このコンサートでは一番だけのショートバージョンになっている。 この2つを聴き比べてみた。 すると明らかに2019年のコンサートの方が声の …

ジェジュンVocalReview「シロド(嫌いでも)」(Flaewless Love)

2015年、ドラマ初主演作「トライアングル」の主題歌。彼自身が作詞している。 当時、久しぶりに伸びやかで綺麗な彼の歌声に出会った記憶がある。 ハスキーさが全くない歌声で、ミルクのような濃厚さと伸びやかな高音が印象的だった …

ジェジュンVocalReview「All Alone」

この曲は2013年1月発売のミニアルバム「I」の中に収録されている最終曲で彼自身の作。ロックバラードだ。 冒頭の歌声は非常に綺麗な音色をしている。 彼特有のノーズポジションに当たったミルクのような響きだ。 これは彼のいい …

« 1 2 3 4 10 »



【プロフィール】
耒仁子/クニコ

音楽ライター(MPCJ所属)
ボイストレーナー
詳しくはこちら⇒プロフィール

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.