音楽ライターが紐解くJPOPの世界

JPOPの魅力を伝えます。

特にJPOP歌手の歌に特化したレビューを書いて、歌手そのものの魅力を多角的な面から分析しています。

ミュージック・ペンクラブ・ジャパンに所属するライターの1人としてペンクラブの活動や魅力についても語ります。

ブログ

ジェジュン『ONCE』

ジェジュンが出演した『ONCE』での歌唱についてのレビューをリクエストされたので、公開されている音源を拝聴した。   曲目は4曲。 『One Kiss』『Snail』『Hug me』『Run Away』 一言で …

手越祐也『ONE LIFE』

毎月新曲をリリースするというコンセプトの第5弾。 今回は完全にバラードだ。   この5回、配信されるたびに思うのは、セルフプロデュースがかなりしっかりしている、ということ。 アーティストが生き残っていくのに一番 …

「僕が死のうと思ったのは」中島美嘉・ジェジュン聴き比べ考察

中島美嘉が歌う『僕が死のうと思ったのは』の動画がTHE FIRST TAKEのサイトで公開された。   この曲は、元々は、ロックバンドamazarashiのフロントマン秋田ひろむが作詞作曲を手がけたもので、20 …

ジェジュン『2021 KOREA FESTA だからKOREA』

日曜日にニコ生で放送された「2021 KOREA FESTA だからKOREA」 でのジェジュンのコンサートを拝見した。 曲は4曲。 いずれもJ-POPのカバー曲で、 『未来予想図II』『メロディー』『化粧』『forge …

歌手にとっての「声戦略」

歌手にとって、「声」は生命線であり、命綱である。 そう、即ち、歌手にとって「声」は何者にも変えがたい武器なのである。 この武器を使って、仕事をする。 これが「歌手」という仕事である。   歌手にとって、どのよう …

藤井風『燃えよ』にみる斜めからの視点

藤井風の少し前にでた新曲だ。 昨日、このMVのビハインド映像が公開された。   この曲で、藤井風の世界のラインが整ったように感じた。 ある意味、ああ、これが藤井風の音楽だ、というものが整ったとも言えるのかもしれ …

優里『シャッター』『ペテルギウス』にみる歌手としての魅力

優里の『シャッター』『ペテルギウス』を聴いてみた。 どちらも一髪撮りのサイトTHE FIRST TAKEで歌ったものだが、これらの曲を聴いて、彼の歌手としての魅力がどこにあるのかがわかったような気がした。 ファンに言わせ …

中島美嘉『雪の華』(THE FIRST TAKE)に見る静かな情熱

歌手の一発撮りの歌を提供する「THE FIRST TAKE」 ここで歌う中島美嘉の『雪の華』を聴いた。 このTHE FIRST TAKE というサイトは、歌手の実力をある意味で丸裸にする。 最初の頃は、新人の登竜門のよう …

Little Glee Monster「透明な世界」

リトグリの新曲。 TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章エンディングテーマが決定しており、3日から先行配信されている。 この曲では、『透明な世界』というタイトルをそのまま歌声に反映させたようなサウンドが全編に広がり、彼女達の透 …

手越祐也『ウインク』

手越祐也の新曲『ウィンク』のMVが公開されている。 7月の『シナモン』から始まって4曲目の公開である。 単に「毎月新曲を配信する」と言うが、実行するのは容易ではない。 それもMVまで作成し、公開している。 以前、松田聖子 …



【プロフィール】
松島耒仁子(マツシマ クニコ)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)理事
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.