音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

FNS歌謡祭

徳永英明✖️山崎育三郎「レイニーブルー」(2020FNS歌謡祭)

「レイニーブルー」 この楽曲のコラボは、毎年のように誰かがどこかの番組で歌う。 それほどの名曲だ。   徳永英明と山崎育三郎がコラボした「レイニーブルー」 非常に完成度の高いデュエットだった。   歌 …

ジェジュン「たしかなこと」(2020FNS歌謡祭より)

ジェジュンが小田和正の「たしかなこと」でFNS歌謡祭で歌うのを聴いた。 彼の持ち味がよく出ているいい歌だった。   この曲は春に発売された「Love CoversII」に収録されている楽曲である。 本来なら、こ …

Official髭男dism「HELLO」(FNS歌謡祭)

髭男の新曲「HELLO」をFNS歌謡祭で聴いた。 「目覚ましTV」のテーマソング。   昨年の「Pretender」以来、快進撃を続けている髭男の特徴的な音楽が詰まった一曲になっている。   &nbs …

Little Glee Monster VocalReview「アカペラメドレー」(FNS歌謡祭)

Little Glee MonsterのFNSでのアカペラメドレーを聴いた。 秀逸。 その言葉しか浮かばなかった。   「あとひとつ」 「何度でも」 「ハピネス」 「宿命」 「たしかなこと」   何度 …

三浦大知VocalReview「Yours」(FNS歌謡祭)

三浦大知自身が作詞した「Yours」 自粛生活の続く中でUTAとのコラボで生まれた歌だ。 「これが人生」から始まるこの歌は、今まで当たり前に出来ていたことがどんどん出来なくなっていく日常の中で、理不尽なことも全て丸ごと受 …

FNS歌謡祭ジェジュンVocalReview「Forget-me-not」

印象的なのは、歌いだしから、丁寧な発音の日本語が続くことだ。 非常に明解で、癖のない綺麗な日本語の発音が続く。 東方神起の頃から、この人は、癖のない正確な日本語の発音をすることで知られていた。しかし、その頃よりも今は、一 …

再掲 ジェジュン✖️城田優「レイニーブルー」(フロントボイスの世界)

後半のハーモニー部分の解説を変更しました。   ジェジュンと城田優。 2人のコラボを聴くのは二度目になる。一度目は一昨年のクリスマスソングだった。それから2年。それぞれの変わった部分と変わらない部分が見え隠れす …

京本大我✖️井上芳雄「闇が広がる」(FNS歌謡祭より)

井上芳雄のトートと京本大我のルドルフによる「闇が広がる」を聴いた。 京本大我の歌は、夏のFNS歌謡祭でライオンキングの「愛を感じて」を昆夏美とデュエットしたので初めて聴いた。 その時もしっかりとした歌唱力を発揮したが、今 …

城田優✖️CHEMISTRY「You Go Your Way」(FNS歌謡祭より)

優れた歌唱力を持つメンバーが集まるとこういう歌になるのかという手本のような歌だった。 CHEMISTRYも城田優も歌唱力では定評がある。彼ら3人のハーモニーは非常に質が高かった。 歌い出しは城田優。 彼のナチュラルでブレ …

三浦春馬「Fight for your heart」(FNS歌謡祭より)

三浦春馬の歌を初めて聴いたのは、夏のFNS歌謡祭だったと思う。 彼がミュージカルに出演していることも知らなかったし、歌手としてデビュー曲を披露したのも意外だった。 俳優三浦春馬のイメージからは、それらは遠いものだったから …

1 2 »



【プロフィール】
松島耒仁子(マツシマ クニコ)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)理事
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.