音楽ライターが紐解くJPOPの世界

ブログ

ジェジュン「We’re」(「ジェジュン・オン・ザ・ロード」)

7月に公開予定のドキュメンタリー映画「ジェジュン・オン・ザ・ロード」の主題歌「We’re」のJapanese ver.を聴いた。 一言で言えば秀逸。 ジェジュン自身の作詞・作曲によるミディアム・バラード曲であ …

三浦大知「ユニットバスのマーメイド」(関ジャム)

関ジャムで古田新太が書いた詞に丸山マナブが曲をつけ、三浦大知がダンスユニットs**t kingzとパフォーマンスした「ユニットバスのマーメイド」 古田の冗談のような一言から始まった楽曲だが、非常にいい曲に仕上がっていた。 …

エッセー「三浦大知の魅力」に対する批判メールについて。

昨日、ミュージック・ペンクラブのエッセー欄に掲載された「三浦大知の魅力」について批判メールが届いたと、事務局から連絡を貰いました。 この件に関して、内容を確認しましたところ、明らかに個人の名誉を毀損する部分が含まれており …

川畑要&手越祐也『Stand by me, Stand by you.』

リクエスト頂いたものの中から、手越祐也が川畑要と一緒に歌った「Stand by me,Stand by you」を聴いた。 川畑が上手いのは言うまでも無い。伸びのいい高音、甘い歌声、中音域はよく鼻腔に響いている。相変わら …

Jun. K VocalReview「THIS IS NOT A SONG, 1929 」(THE FIRST TAKEより)

2PMのJun.KがTHE FIRST TAKEでのもう一つの歌である。 この曲は非常に情熱的に歌い上げていくバラード。 この曲を聴いて、彼の歌声はもう一曲の方に書いた特徴がもっと顕著に現れていると思った。 即ち、中音域 …

Jun.K「My House」(THE FIRST TAKEより)

リクエストを頂いて韓国のアイドルグループ2PMのJun.KがTHE FIRST TAKEで歌った「My House」を聴いた。 彼の歌声は実は3年ほど前に聴いている。当時、個人的に交流していたバックコーラスを専門に担当し …

ジェジュンの魅力(日本語と韓国語の歌声の観点から)

ジェジュンの魅力について考えてみた。 彼の甘い歌声だろうか。 それとも圧倒的なビジュアル。 日本活動を決して諦めなかった人間性。   「丸ごとジェジュンが好き」という溺愛ファンが多いのが、彼のファン社会の特徴の …

再掲追記 VocalReviewVol.101「歌手三浦大知の世界」

最後に追記しました。   三浦大知の歌のreviewを書き始めて半年。reviewナンバーが100になった。 今までこのブログを書く以前に書いていたブログも含めて、これほど一人の歌手のreviewを書いたことは …

三浦大知「Backwards」に見る呼吸法能力の高さ

三浦大知の新曲「Backwards」のTV初披露を観た。 ファンの人達が「待望の一曲」と言った意味がよくわかった。 あらためて彼のスキルの高さを感じずにはいられない一曲である。   私は歌声の分析が専門だから、 …

城田優「STAND BY ME」に見る完成度 (NHK「映画音楽はすばらしい」より)

土曜日に放送のあったNHKの「映画音楽はすばらしい」 数々の映画音楽をミュージカル歌手などがカバーするものだが、城田優は映画「スタンドバイミー」から主題歌「STAND BY ME」を歌った。   上手い! その …

1 2 3 56 »



【プロフィール】
松島耒仁子(マツシマ クニコ)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)理事
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.