音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

東方神起

ジェジュンVocalReview「Bolero」(東方神起)

リクエストを頂いて、久しぶりにこの曲を聴いた。 この曲は5人の東方神起の代表曲の一つである。   聴き直してみて意外だったのは、ジェジュンが軽く歌っていることだった。 記憶の中の彼の歌声は、もっと充実した重い歌 …

ジェジュンVocalReview「時ヲ止メテ」(東方神起)

東方神起時代、最後の曲だ。 この頃のジェジュンの歌声は確かに透明的で伸びやかだ。 しかし、今の歌声と比べて細く幅がない。 また声の習熟度という点から言えば、30代になってからの方がずっと艶やかだ。   ジェジュ …

ジェジュンVocalReview「Been So Long 〜maison de m-flo」

ジェジュンが東方神起時代にユチョンとコラボして参加したカバー曲だ。 この曲で、主に歌うのはジェジュンであり、一部、ラップも披露している。   この曲において、彼は終始、高音パートを担っている。 この頃の彼のミッ …

ジェジュンVocalReview「Lovin’you」(東方神起)

2007年6月発売の東方神起11枚目のシングル。 東方神起時代のジェジュンの歌の変遷を考える時、この曲は最も重要な一曲と考えられる。なぜなら、この曲以降、東方神起のサウンドの色が固定化されるからである。 この曲の構成に於 …

ジェジュンVocalReview「Sky」(東方神起)

東方神起7枚目のシングル。2006年8月の発売。 私がこの曲をジェジュンの初期の歌声の重要な曲に選んだのには理由がある。 多くの人は初期のジェジュンの重要な曲と言えば、「Begin」と「Lovin’you」を …

ジェジュンVocalReview「Begin」(東方神起時代)

東方神起時代、ジェジュンにとっていくつかの節目になる曲がある。 この曲もその一つで、初期の頃、彼がまだメインボーカルを取っていない頃の楽曲の中で、彼がメインの数少ない楽曲の代表格とも言えるものである。   この …

ジェジュンVocalReview「HUG」3形態による聴き比べ

ジェジュンの東方神起としてのデビュー曲「HUG」は韓国語Ver.International Ver.日本語Ver.の3形態で収録されている。 この3つの歌についてそれぞれレビューを書いてみた。   1.韓国デビ …

東方神起VocalReview「明日は来るから」JPOP世界の確立

4月27日は東方神起の日本デビュー15周年だった。 リクエストを頂いて、2人で歌った「明日は来るから」を聴いてみた。   この曲は元々5人の東方神起の曲で、後に2人で録音し直している。 今では東方神起が5人だっ …

東方神起「Truth」に見る二人神起世界の確立

東方神起の「Truth」 2018年に韓国版が発売され、2019年発売のアルバム「XV」に日本語版が収録されている。 楽曲は非常に軽やかで都会の洗練された乾いた空気感。 チャンミンの細く尖った高音部からの始まり。綺麗に鼻 …

ファンが歌手寿命を決める?(長く歌い続けるには…)

私がよく読むブログに興味深い記事が載っていた。 富士山マリーの日記 https://ameblo.jp/maryfujiyama/entry-12570230469.html モヤるのは自然現象だった!ハピ・モヤ・アンチ …

1 2 »



【プロフィール】
松島耒仁子(マツシマ クニコ)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)理事
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.