音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

ジェジュン

改訂あり『待ち続ける日々』(ジェジュン)

ジェジュンが韓国に帰った途端に不安になる、というのを感じる。 仕方ない、韓国人だから。 そういう思いで自分の気持ちを呑み込む。 そういうファンをたくさん見てきた。 気持ちはとてもよくわかる。 ジェジュンをグループ時代から …

J-JUN『六等星』Solo ver.とコラボver.聴き比べ

ジェジュンの新曲、『六等星』はジュンスとのコラボ曲ということで配信されており発売もされるが、CDの方にはジェジュンのソロバージョンも収録されている。 そのソロバージョンをラジオ番組「オールナイトニッポンX」で聴いた。1番 …

J-JUN『六等星』(うたコン)VocalReview

「褒めてあげたい」 そう思った。 彼の一昨日の歌を聞いて、まず、頭に浮かんだのは、この言葉だった。 「褒めてあげたい」 それしかない。 それぐらい、彼の歌は緊張で精一杯だった。 その様子が溢れ出ていて、それ以上でもそれ以 …

『J-JUN THURSDAY PARTY』1部、2部VocalReview

最初に断っておきますが、これは評論です。 音楽評論は私の仕事ですので、どんなに個人的にファンであっても忌憚のない評論を書かせて頂きます。 今回の評論は、12年、彼の歌を聴き続けてきた私が、初めて評論家として生歌を聴いた上 …

追加記事『J-JUN THURSDAY PARTY』歌手の椅子に座るということ

『J-JUN THURSDAY PARTY覚悟が求められている』の記事には多くのアクセスとコメント、メッセージを頂いた。 今回、記事の追加記事を書かせて頂こうと思ったのは、そういう多くのファンが、非常に彼の状況や将来、そ …

『J-JUN THURSDAY PARTY』覚悟が求められている。

この記事を書くにあたり、最初に書かせて頂きたいのは、ファン視点ではなく、評論家視点として書かせて頂くということ。 ファン時代、日本不在の8年という間、ずっとファン視点でブログ記事を書いてきた。彼がグループ分裂を経て、長い …

J-JUN with XIA『六等星』

ジェジュンとジュンスがコラボした『六等星』を拝聴した。 前置きとして、アメブロにも書いたように、ファンとしての立場ではなく、音楽評論家として彼らの歌についての分析を忌憚なく書かせて頂こうと思う。 ここから先は、本当に評論 …

ジェジュン『We’re』Japanese ver.とKorean ver.聴き比べ

ジェジュンの自作曲で彼自身の半生を描いたドキュメンタリー映画の主題歌である『We’re』 この曲は、Japanese ver.とKorean ver.があり、両方を聴き比べると、非常に日本語と韓国語の言語の違 …

J-JUN『J-PARTY』LIVEを聴いて

毎年、お誕生日イベントとして行われるJJパーティーだが、今年はイベントというよりは、Liveという要素が大きいものだった。 ステージにはバンドとジェジュンだけ。 時勢柄もあるのだろうが、MCもなく、彼一人の歌とコメントで …

ジェジュン✖️浜田雅功『チキンライス』日本語表現法考察

MステウルトラSuperLiveでジェジュンが歌った『チキンライス』について、オリジナルの浜田雅功の歌と聴き比べてみた。 この歌の特徴は、「歌詞」が楽曲の中で大きな役割を持つことにある。 歌詞の内容は完全にストーリー性を …

1 2 3 16 »



【プロフィール】
久道りょう(松島耒仁子)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)所属
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.