音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

タグ : VocalReview

再掲追記 VocalReviewVol.101「歌手三浦大知の世界」

最後に追記しました。   三浦大知の歌のreviewを書き始めて半年。reviewナンバーが100になった。 今までこのブログを書く以前に書いていたブログも含めて、これほど一人の歌手のreviewを書いたことは …

三浦大知VocalReview「About You」洗練された世界

新曲「Backwards」のカップリング曲。 「Backwards」が三浦大知のダンサーとしての実力を見せつけた曲であるなら、この「About You」はシンガーとしての実力を見せつけた曲と言える。 非常にレベルの高い歌 …

J-JUN VocalReview「Big Revolution」

4枚目シングル「BRAEKING DOWN」のカップリング曲。 拍頭に休符を用いることでそのあとのシンコペーションリズムを強調した造りの特徴的なサビのメロディーが効果的だ。 楽曲構成が非常にシンプル。 A、B、サビ、A、 …

J-JUN VocalReview「BREAKING DAWN」

ジェジュン、4枚目のシングル。 昨年10月にオンエアされた韓国発ア「ノブレス」のテーマソングだった。当時、配信だけされたもののCD化。 配信された当時、レビューを書いたことがあるが、あらためてフルバージョンを聴き直した。 …

藤井風VocalReview「帰ろう」に見る都会感。

藤井風の「帰ろう」を聴いた。 この曲の始まりを聴いたとき、自然と次のメロディーの展開が口ずさめた。 それほど、どこかで聴いたことのあるような自然な音階の流れだった。   この曲も都会の匂いがする。 なぜ、彼の曲 …

藤井風VocalReview「優しさ」に見る都会感

藤井風のファンである息子によると、この曲が一番好きだという。   藤井風の音楽を聴くと、都会の匂いがする。 乾ききった都会の風。 成熟した都会感。 即ち、大人の音楽なのである。 23歳と言えば、男性であれば、も …

リトグリ、デュエットの世界から見えるハーモニーの親和性

先日、リトグリの大阪城ホールのライブに参加した。 リトグリのコンサートは初めての経験で、昨年から参加したいとずっと思っていたので、念願が叶った。   私はファンの人達のように彼女達に詳しいのでもなく、楽曲に詳し …

三浦大知VocalReview「Backwards」

三浦大知の新曲「Backwards」はダンスナンバー。4月21日にはCDパッケージとしてリリースすることも発表されている。 全体的にアップテンポで軽快なリズムに覆われている。 その中でリズムを刻んでいく部分と、ロングトー …

氷川きよしVocalReview「南風」

氷川きよしの新曲、「南風」のMVが公開された。 今回の曲は、演歌というよりは歌謡曲。 ポップスまでは行かないが演歌でもない。 楽曲全体の印象は、彼自身が解説するように、非常に明るく前向きな春らしい楽曲である。 また、全体 …

藤井風VocalReview「旅路」(報道ステーション)

藤井風が報道ステーションに出演し、生演奏を披露した。 実は私は、彼のリアルな演奏を初めて拝見した。 その印象は、やはり23歳とは思えないほど、音楽が完成されていると思った。 非常に落ち着いた音楽が流れていく。 ピアノの弾 …

1 2 3 27 »



【プロフィール】
松島耒仁子(マツシマ クニコ)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)理事
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.