歌手の歌と歌手を職業にする為に必要な情報と知識に特化したサイト
ブログ

タグ : 三浦大知

三浦大知VoalReview「I’m Here」(CDTVより)

画面には、ステージの中心に三浦大知がそれほど大きくなく映っている。 背景にはバックモニターが左右に一台ずつ。 彼が一人で歌い踊る。 やがてダンサーが画面の端に登場する。 そうなってもカメラのアングルは変わらない。 彼の表 …

「未来予想図II」に見る三浦大知とジェジュンの音楽の世界

三浦大知がカバーした「未来予想図II」を聴いた。 聴き慣れたジェジュンのカバーとの対比が面白いと思った。曲は歌手の世界観によってどうにでも染まっていく。 二人の描く「未来予想図II」の世界観を書いてみたいと思う。 &nb …

三浦大知VoalReview「すべりだい」(椎名林檎カバー)

椎名林檎のカバー。 ファンが大好きな曲だということでリクエストしてくださったのでオリジナルの林檎の歌と彼の歌を聴き比べてみた。   先ず、林檎の歌は非常に怠惰的、緩慢な音楽の始まりである。 リズムの刻みが明確で …

三浦大知VocalReview Vol.1「パラシューター」少年期に完成された歌声

Folder時代のデビュー曲。彼が9歳の頃の歌声である。 聴けばわかる通り、綺麗なボーイソプラノの歌声だ。 この頃のボーイソプラノの歌声というのは、混じりっ気のない澄み切った綺麗な響きをしている人が多い。ボーイソプラノで …

三浦大知Vocal.ReviewVol.0「歌手としての非凡さ」

三浦大知のデビューは、1997年。変声期の活動休止期間を考慮したとしても、ソロとしてのデビューも2005年。 「Folder」のメインボーカルとしてデビューしたときから、vocalistとして、dancerとして、非凡な …

城田優「Laugh&Peace」三浦大知Insta.ライブから見えてくる世界。

城田優がInsta.にあげた自作曲「Laugh&Peace」を聴いた。   こんな時なので曲を作りました。 あなたに笑顔が戻りますように。   曲と共にあるメッセージだ。 2分足らずの短い楽曲 …

2組の「レイニーブルー」に見る楽曲としての多様性

期せずして2組の「レイニーブルー」を聴くことが出来た。 1組は徳永本人と三浦大知、秦基博。 もう1組はジェジュンと城田優。 同じ曲を扱っているのにこの2つは対称的な世界を見せた。 一言で書くなら「剛」と「柔」 そう思った …

徳永英明✖️三浦大知✖️秦基博「レイニーブルー」(ミュージックフェアより)

ミュージックフェアに出演した3人の「レイニーーブルー」を聴いた。 この日は、その後も音楽番組でも「レイニーブルー」をジェジュンと城田優で歌っている。→前記事 はからずも2組の「レイニーブルー」を聴くことになったが、それぞ …

三浦大知「Right Now」(ミュージックフェアより)

「Right Now」は2012年12月に発売された13枚目のシングルである。 三浦大知は2010年に自身の発声法を変えてからどんどんオリコンでの順位が上昇し、2012年の「Two Heart」が初のベスト10入りを果た …

三浦大知「I’m Here」多重音楽の拡がり(A-STUDIOより)

聴き終わった瞬間、上手い、と思った。 そう、三浦大知は本当に上手い。 どうしてこの人はこんなに上手いんだろうと考えた。   安定している。   この言葉が一番ピッタリくる。 そう思った。 彼の抜群の安 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © Vocal Review&Making All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.