もうお馴染みの曲だ。

2013年1月に発売された彼の最初のソロミニアルバム「I」に収録されている彼の自作曲。

「俺の領域は犯すな」という強い口調のハードロック。

当時、彼が置かれた環境にこの詩の内容を投影させて感じ取ったファンが多く、その派手なパフォーマンスと共に、彼のコンサートでは外せない曲の一つになっている。

 

非常に歌い込まれた曲であり、どんな状況下でもおそらく彼は安定して歌うことの出来る曲である。

それはメロディーラインが彼の最も鳴りのいい中音域からやや高音域にかけての音階で作られており、韓国語の発音と相まってフェイスボイスのポジションで歌うことが容易だからだ。

だからこの曲に関してはコンディションが悪いと感じたことがない。

どんなにコンディションの悪い時でも、この曲は安定したフェイスボイスで彼は歌う。

 

この日の彼の歌声も例外なく、非常にいい声で歌われている。

また高音も突き上げることがなく、艶のある音色でしっかり歌い込まれた足跡を感じることが出来る。

 

韓国語の歌を歌って以降、このコンサートに於いては、声がいい意味で安定したように感じる。

前半部分の声のポジションの低さから、後半はノーズポジションでの響きに変わっているからだ。

 

この後、数曲がどのようになっているか。

日本語曲のポジションがどこに取っているか、非常に興味深い。

一つのコンサートの中で発声ポジションがあちこちに行くのか、それとも韓国語の歌をきっかけに修正してくるのか、それを確認することが出来るライブ音源は、分析にはとてもいい資料と言える。

歌手には堪らないかもしれないが…。