歌手の歌と歌手を職業にする為に必要な情報と知識に特化したサイト
ブログ

ジェジュン

ジェジュンVocalReview「Ray of Light」(「The Covers」より)

この日の歌声は音源に納められた歌声とは全く違う音色をしていたと思う。(音源を改めて聴き直してみた) 中音域が主流のこの歌は彼にとっては比較的声を出しやすい。それでも注意深く音源を聴くと、息の流れが止まって、喉でつっかえ気 …

追記あり ジェジュンVocalReview「ワインレッドの心」(「The Covers」より)

最後にジェジュンの歌声についての追記をしました。 ジェジュンと言えば彼のハイトーンボイスを好む人が多いが、甘く濃厚でビロードのような上質のビブラートを持った彼の中音域は、時に切なく非常に魅力的である。 「ワインレッドの心 …

ジェジュンVocalReview「Forget-me-not」(NHK The Coversより)

非常に丁寧に歌われた歌だった。 一言、一言を丁寧に紡いでいく。 そう感じた 尾崎豊の「Forgret-me-not」はアルバムにも収録されており、幾度となくライブでも聴いた。 いつも全身全霊で歌う、という印象が強かった。 …

ちょっとモヤっとしたこと。

音楽ライターとしてのブログでも、ちょっとモヤっとすることだって書きたくなる。 多くのファンが絶賛、好意的な「ザ・発言X〜」のジェジュンの扱いを見て、私は正直、ちょっとモヤッとした。 Mattをこれから音楽家として売り出し …

Matt&ジェジュン VocalReview「奏」(「ザ・発言X〜」より)

デュエットというものは、双方の音楽レベルが同等、もしくは非常に近い場合、または同じ音楽感を持つ場合にいい状態で成立すると私は思っている。 そういう観点から今回の二人のデュエットを拝見した時、そのどちらにも当てはまらないと …

ジェジュンVocalReview「優れたJPOP言語色彩感覚」

韓国人が日本語の歌を歌うこと。 それは決して容易なこととは思えない。それをすっかり忘れがちになるほど、彼は日本の音楽業界の中で一つのポジションを築きつつあるように感じる。 彼は8年のブランクの間も日本語のカバー曲を数少な …

日本と韓国の音楽業界のスタンスの違い(J-JUN FRIDAY PARTYを観て)

今回、このイベントに無理をして参加したのには理由があった。ジェジュンの歌声を実際に聴いてみたいと思ったからだ。 いくつかの記事を書いてきて実際に生歌を聴けば印象が違うかもしれないとも思った。あくまでも音響機材の媒体を通し …

ジェジュンVocalReview vol.24「Ray of Light」(フルバージョン)

一番最後に追加レビューを掲載しています。   ジェジュンの3枚目のシングル「Ray of Light」が音源解禁された。 この曲は年末のCDTV年越しライブの中でショートバージョンを彼が歌っているのを聴いただけ …

ジェジュンVocalReview Vol.25「Secret」

この曲だけがロック調。ソウルコンでのこの曲を褒めているコメントを読んだが、確かにコンサートでは楽しい一曲だったのだろう。でも私には、彼の歌がどうのこうの、という以前にこの楽曲自体に何も新しさを感じなかった。 これは、彼の …

ジェジュンVocalReview Vol.23「Life Support」

この曲を初めて聴いたのは、2016年2月、彼が入隊中に行われたホログラムコンサートだった。 その時の歌と今回の歌ではずいぶん印象が異なる。 今回、ミニアルバムを出すにあたって彼はこの曲の後半を録音し直したと話している。注 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © Vocal Review&Making All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.