音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

FNS歌謡祭

FNS歌謡祭ジェジュンVocalReview「Forget-me-not」

印象的なのは、歌いだしから、丁寧な発音の日本語が続くことだ。 非常に明解で、癖のない綺麗な日本語の発音が続く。 東方神起の頃から、この人は、癖のない正確な日本語の発音をすることで知られていた。しかし、その頃よりも今は、一 …

再掲 ジェジュン✖️城田優「レイニーブルー」(フェイスボイスの世界)

後半のハーモニー部分の解説を変更しました。   ジェジュンと城田優。 2人のコラボを聴くのは二度目になる。一度目は一昨年のクリスマスソングだった。それから2年。それぞれの変わった部分と変わらない部分が見え隠れす …

京本大我✖️井上芳雄「闇が広がる」(FNS歌謡祭より)

井上芳雄のトートと京本大我のルドルフによる「闇が広がる」を聴いた。 京本大我の歌は、夏のFNS歌謡祭でライオンキングの「愛を感じて」を昆夏美とデュエットしたので初めて聴いた。 その時もしっかりとした歌唱力を発揮したが、今 …

城田優✖️CHEMISTRY「You Go Your Way」(FNS歌謡祭より)

優れた歌唱力を持つメンバーが集まるとこういう歌になるのかという手本のような歌だった。 CHEMISTRYも城田優も歌唱力では定評がある。彼ら3人のハーモニーは非常に質が高かった。 歌い出しは城田優。 彼のナチュラルでブレ …

三浦春馬「Fight for your heart」(FNS歌謡祭より)

三浦春馬の歌を初めて聴いたのは、夏のFNS歌謡祭だったと思う。 彼がミュージカルに出演していることも知らなかったし、歌手としてデビュー曲を披露したのも意外だった。 俳優三浦春馬のイメージからは、それらは遠いものだったから …

三浦大知✖️久保田利伸✖️JUJU「LALALALOVESONG」

優れた歌手達のコラボは、FNS歌謡祭の楽しみの一つでもある。 誰もが知る久保田利伸の代表曲「LALALALOVESONG」を3人で歌う。 たて刻みの軽快なリズムは、R&Bならではのもの。 微妙なリズムの揺れはそ …

城田優✖️木下晴香「あなたこそ音楽」(FNS歌謡祭より)

ミュージカル「ファントム」からの二人のデュエット曲。 歌い出しの城田優の安定感は書くまでもない。 自然体でどこにも余計な力の入っていない発声は、どの音域も見事に響いている。 ソフトで安定感のある低音域だ。 これに対し、細 …

ジェジュン✖️槇原敬之「チキンライス」(FNS歌謡祭より)

「人生で一番最悪な歌」と呟いてから一週間後。 ジェジュンは見事に立ち直っていた。 今回の歌は「チキンライス」。 作者の槇原敬之とのコラボだ。 彼の歌声は冒頭から綺麗な響きの歌声で揃えられた。 鼻腔に当てられた中音域から高 …

三浦大知VocalReview「COLORLESS」(2019FNS歌謡祭より)

三浦大知の新曲「COLORLESS」の音源が解禁になった日、計らずもFNS歌謡祭でパフォーマンスが披露された。 この曲は、10月のライブ『COLORLESS」の冒頭の曲として聴いて以来のことだ。 特徴的なメロディーと共に …

PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.