「Jewel」は2016年12月にリリースされたニューアルバム『 新・演歌名曲コレクション4 -きよしの日本全国 歌の渡り鳥-』に収録された1曲である。

この頃はまだ今のようにポップスに転向しているわけでもなく、演歌歌手のカテゴリーを背負った氷川きよしとして歌うポップス曲という位置づけが正しいと感じる。

 

歌声は当時の彼の歌声を強く反映している。

それはこの曲の歌い出しに現れている。

低い音域から始まるこの曲は、その部分の歌声にはやはり演歌色が付き纏う。しかし、中盤以降から現れてくる中音域、高音域になるに従い、彼の持ち味であるハイトーンボイスのストレートボイスの伸びのある綺麗な高音部が披露されている。

鼻腔から顔の前面の綺麗に響きが当たったフロントボイスの歌声は今の彼の歌声に通じるものがあり、やはり彼は元々の歌声がポップス系の歌声であったのがよくわかる。

 

 

彼がポップス系に転向して行くのに対し、あからさまな態度で批判しているファンがいるというのも耳にしたが、アーティストとして歌いたいジャンル、歌いたい歌があるのは自然の欲求であり、それらは長い活動生活の中で当然流動的に変化して行くものである。

その欲求に蓋をして本来の気持ちとは別のものを歌い続けることほど、アーティストにとって苦痛なことはない。

 

最近の彼の表情を見れば、何が歌いたかったのか、自ずとファンでない私でもわかるぐらいだから、ファンの人達は当然感じ取れるだろう。

「ファンが離れて行くのは仕方がない」と覚悟してまでポップスに転向して行く彼の決断を応援し続けることが、アーティスト氷川きよしの今後の活躍を支える唯一の方法だ。

 

ビジュアル系に変化した彼の外貌だけを捉えて「女々しくなった」「男らしくない」というのは余りにも軽率である。

今まで積み上げてきたキャリアを捨ててまで新しい世界に挑戦していこうとする姿そのものが最も男らしい決断であると私は思う。

 

自由に生き、自由に歌うこと。

それがありのままに自分らしく生きること。

 

氷川きよしの決断は私達にそう伝えている。

 

 

フロントボイスは、以前、フェイスボイスと記載していた発声の名称。

フェイスボイスが商標登録されているのがわかりましたので、名称を変更しました。