音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

三浦大知

三浦大知「島人ぬ宝」にみるフロントボイス唱法

三浦大知が歌った「島人ぬ宝」を聴いた。 アカペラで歌われた為に彼の声の状態が非常によくわかった。 素晴らしかった。   なぜ素晴らしいかと言えば、フロントボイスのお手本のような発声だったからだ。 三浦大知は、ハ …

コロナウイルスによる空白期。

今日は本当なら城田優のソロコンサートに出かけているはずでした。 コロナウイルスの影響で、コンサートは全面的に中止、イベントも同じですね。 そして私のリアルな仕事であるコーラスも二つとも3月は練習が取りやめになりました。東 …

三浦大知VocalReview 「Missing」(NHK「うたコン」より)

三浦大知の「Missing」を聴いた。 この人はなぜ、いつも歌う前にこんなに雰囲気があるんだろうと思う。 こういうバラード系の歌を歌う時、三浦大知の周りの空気は止まる。 空気すら微動だにせず、静寂の中でただひたすらに彼の …

再掲 腕の筋肉を鍛えると高音が出なくなる(三浦大知のコメントから)

今回、この記事を書くに当たって、ファンの方から、三浦さんが筋肉と発声についてのコメントを教えて頂き、長年、ボイストレーナーとして仕事してきた経験と知識を生かして、彼の発言の内容を検証してみましたが、医学的専門知識が十分と …

三浦大知VocalReview「I’m Here」(Mステより)

この曲を聴くのは2度目。新年早々深夜のCDTV年越しライブ以来だ。 冒頭のフレーズ、彼のソフトな低音が響く。中盤からはピンと張った彼の甘い歌声が聴こえる。 この音色の違う2つの声が対比となって音楽を作り上げていく。 リズ …

三浦大知VocalReview Vol.152「I’m Here」

三浦大知の新曲「I’m Here」を聴いた。 ダンスナンバー。軽快な曲調。後半には畳み掛けるようなテンポ感の中で彼の歌と踊りが時折、静止画像のように展開される。 メロディーラインは彼が最も出しやすい中音域を中 …

三浦大知「Blizzard」(NHK紅白歌合戦2019より)

ここのところ、この曲を聴く機会がなかったので、なんだか久しぶりに懐かしい思いがした。 ダンスパフォーマンスを紅白用に変えているとのこと。私はダンスに詳しくないので、どこがどう違っているのかの詳細まではわからない。ただ、感 …

三浦大知「片隅」(日本レコード大賞より)

三浦大知の「片隅」を聴いた。 この日の彼の歌声は必ずしも万全だったとは言えない。 彼の声の調子はファルセットに現れる。いいときはミックスボイスの声量とほとんど変わらない。またボイスチェンジした後の声の太さや響きもほとんど …

三浦大知VocalReview「Black Hole」(アルバム「D.M」より)

以前アメブロで書いた「Black Hole」のレビューを引用掲載しました。最後に今回の「ウルトラSUPERLIVE」のレビューを追記しています。 この曲から3枚目のアルバム「D.M.」の楽曲に入る。 「D.M.」は、20 …

三浦大知VocalReview「COLORLESS」他(MステウルトラSUPERLIVEより)

圧巻のライブパフォーマンス。 そう思った。 MステウルトラSUPERLIVEの10分間のライブパフォーマンス。 三浦大知は「三浦大知」というアーティストの実力をまざまざと見せつけた。 彼は5曲のパフォーマンスを10分間に …

« 1 4 5 6 9 »



【プロフィール】
松島耒仁子(マツシマ クニコ)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)理事
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.