音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

氷川きよし

氷川きよし「時代おくれ」(NHKライブ・エール)

NHKの「ライブ・エール」より氷川きよしのカバーした河島英五の「時代おくれ」を聴いた。 この曲を聴いて一番感じたのは、氷川きよしが本当にポップス歌手になったのだということだった。 それぐらい彼の歌には演歌を感じさせるもの …

氷川きよしVocalReview「悲しい色やね」

リクエストを頂いて、上田正樹の「悲しい色やね」をカバーする氷川きよしの歌を聴いた。 彼らしい歌だと思った。 それは非常に歯切れの良い彼の持ち味の歌声が曲全体を覆っていると感じたからだ。 彼の歌には悲壮感がない。 上田正樹 …

氷川きよしVocalReview「小さな恋のうた」(音楽の日)

MONGOL800のこの歌も今の氷川きよしが歌うと、都会的な洗練されたロックになるのだと思ったのが正直な感想。 沖縄の土着のバンドであるMONGOL800のオリジナル曲は、もっと泥臭く土の匂いのする歌だ。 それに対し、氷 …

氷川きよしVocalReview「出発」(リクエストより)

2012年2月発売の「櫻」のカップリング曲。   典型的なポップス演歌である。 彼の歌声も演歌特有の低音部のうねりやこぶしが満載の一曲。 音楽は前へ前へと明るく進み、タイトル通り、希望に満ちた春の情景を歌うもの …

氷川きよしVocalReview「Jewel」(リクエストより)

「Jewel」は2016年12月にリリースされたニューアルバム『 新・演歌名曲コレクション4 -きよしの日本全国 歌の渡り鳥-』に収録された1曲である。 この頃はまだ今のようにポップスに転向しているわけでもなく、演歌歌手 …

氷川きよしVocalReview「幻」

2018年8月発売の「勝負の花道」のカップリング曲。 リクエストを頂いて、音源を聴いてみたが、この曲は私の記憶にあった。 どこでいつ聴いたのか、具体的には思い出さないが、甘く切ないメロディーが確かに記憶に残っていた。 & …

氷川きよしVocalReview「おもひぞら」(ミュージックフェア)

ミュージックフェアに出演した氷川きよしの「おもひぞら」を聴いた。   この曲はアルバムPapillonに収録されている曲で、「いきものがかり」の水野良樹が作った曲でもあるが、 リアルに今回、聴いて、アルバム収録 …

氷川きよしVocalReview「碧し」(Papillon)

GReeeeN が書き下ろした2017年の楽曲だ。 軽快で明るい曲調。 それに合わせるかのように彼の歌も軽く明るい色調の歌声だ。 縦に刻まれるリズムは、弛まず前へ前へと力強く歩き続ける。 ポップな歌声がこの曲の明るさにマ …

氷川きよしVocalReview「限界突破✖️サバイバー」(Papillon)

氷川きよしが自分らしく生きていこうという思いを決めるきっかけになった曲。 この曲との出会いが彼に与えた影響は計り知れない。   歌手は優れた楽曲によって成長するが、この曲との出会いはまさに彼にとって運命の出会い …

氷川きよしVocalReview「確信」(Papillon)

ハードロックだ。 力強く張りのある彼の声が気持ちいいほど、鳴り響いている。 アップテンポで冒頭からトップギアだ。 リズムが縦に刻まれている中で、歌は小刻みに動きながら横のラインを奏でる。 前へ前へどんどん進む音楽の中で、 …

« 1 2 3 9 »



【プロフィール】
松島耒仁子(マツシマ クニコ)

音楽ライター(MPCJ所属)
ボイスクリエーター
詳しくはこちら⇒プロフィール

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.