音楽ライターが紐解くJPOPの世界

ブログ

第二位 SMAP VocalReview「世界に一つだけの花」(関ジャムSP)

この曲がベスト30の堂々の2位だった。 この曲は2002年7月発売の14枚目のアルバム「SKAP015/Drink!Smap!」に収録されたのち、2003年3月に35枚目のシングルとしてリリースされた。 あまりにも有名な …

Official髭男dism VocalReview「Pretender」

プロが選んだJPOP曲の堂々一位を獲得した楽曲。 この楽曲の新しさは、歌のフレーズの拍頭が休符になっているリズムであることが特徴として指摘される。 普通、楽曲は一拍目から休符が使われることは少なく、使われるとしてもそれは …

評論 関ジャムゴールデン2時間SP〜プロが選んだ最強の名曲ベスト30〜

3月3日夜に放送された「関ジャムゴールデン2時間SP〜プロが選んだ最強の名曲ベスト30〜」を拝見した。 2020年以降のJPOPの歴史を駆け足で観るような感じだったが、その時代、その時代に共に生きてきた楽曲が多く、JPO …

藤井風VocalReview「旅路」(報道ステーション)

藤井風が報道ステーションに出演し、生演奏を披露した。 実は私は、彼のリアルな演奏を初めて拝見した。 その印象は、やはり23歳とは思えないほど、音楽が完成されていると思った。 非常に落ち着いた音楽が流れていく。 ピアノの弾 …

三浦大知VocalReview KREVA「Fall in Love Again feat.」

昨年12月に三浦大知がラッパーのKREVAにフューチャーした楽曲。   三浦大知の軽快な歌声から始まるアップテンポな楽曲。 KREVAのラップの合間に対照的な形として三浦大知の高音の歌声がメロディティックに挟 …

音楽記事 三浦大知 2020年の活動を振り返る

2020年の三浦大知の活動は、以下のようなものだった。   CD 1月15日 I’m Here 11月11日 Antelope 配信 4月19日「Be One」 6月5日「re:」 6月18日 Yo …

城田優「指輪」(Mariage)

現在ユニットとしての活動を休止中で、ソロ活動にシフトしているnavy&ivoryの2005年の楽曲。 結婚を目の前に控えた男性からの強烈な愛のメッセージの楽曲。   城田優の歌声は、少しエフェクト気味の …

城田優「カーテンコール」(Mariage)

GLAYの「カーテンコール」のカバー曲。 この曲は、このアルバムの中で、一番オリジナルを踏襲しているように感じる。 曲の構成自体が城田優の歌によく合っている。 訥々と始まるAメロ、Bメロでは、彼の透明な歌声が静かに流れる …

高松あい(ヴァイオリニスト)「熊蜂の飛行」(ラフマニノフ)

TwitterのTLで見かけたヴァイオリニストの高松あい。 東京芸大4年の現役生。 彼女の動画が面白い。 これはラフマニノフの超絶技巧曲「熊蜂の飛行」 この曲を彼女が初見で弾いているのだが、最初はメトロノーム♩=120( …

藤井風VocalReview「何なん」和製R&Bの魅力

最近話題の藤井風のデビュー曲を聴いてみた。 2019年メジャーデビューの岡山出身のシンガーソングライター。 歌詞は岡山弁で書かれていることが多い。   幼少期からピアノを習得し、クラシック、ジャズ、ポップス、演 …

« 1 2 3 4 55 »



【プロフィール】
松島耒仁子(マツシマ クニコ)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)理事
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.