音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

タグ : 日本レコード大賞2019

氷川きよしVocalReview「一剣」

2006年3月リリースの10枚目のシングル。 この曲の歌声を聴いた時、先ず感じたのが非常に力を入れて歌っているということだった。 この曲は今までの曲と異なり、男性的で力強い楽曲になっている。それを表現するのに彼が全体の歌 …

ジェジュン「未来予想図II」(日本レコード大賞2019より)

非常に気合の入った歌。 この日の彼の歌は先日のMステとは一転して、非常に集中したいい歌だった。 一番感じたのは、言葉の処理。 フレーズの最後の日本語の言葉の処理が非常に丁寧だった。 さらに言葉の中に緩急をつけてリズミカル …

氷川きよし「日本レコード大賞2019」に見る多面性

氷川きよしは、この日、「限界突破✖️サバイバー」と「大丈夫」の2曲を歌った。 このどちらもの曲が彼の今年の多面性を非常によく現している。 「限界突破」は見事だった。 ハイトーンボイスは非常に張 …

三浦大知「片隅」(日本レコード大賞より)

三浦大知の「片隅」を聴いた。 この日の彼の歌声は必ずしも万全だったとは言えない。 彼の声の調子はファルセットに現れる。いいときはミックスボイスの声量とほとんど変わらない。またボイスチェンジした後の声の太さや響きもほとんど …



【プロフィール】
松島耒仁子(マツシマ クニコ)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)理事
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.