音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

タグ : フェイスボイス

ジェジュンVocalReview「Rotten Love」(Flawless Love)

この曲も2013年発売のソロアルバム「WWW」から。 この曲は韓国語で歌われている。 韓国語で歌う方が彼の場合、声の状態がいい。 なぜなら韓国語の言語ポジションはフロントボイスのノーズポジションにあるからだ。 これは韓国 …

ジェジュンVocalReview「Good Morning Night」

2018年6月に行われた「TheReunion in memory」のライブ映像が、毎日、彼の公式オフィシャルサイトから1曲ずつ配信されているが、この曲はライブでの定番。 この曲に関しては、歌い出しだけのワンフレーズだけ …

城田優VocalReview「I Love You」聴き比べと1年の進化

城田優のカバーした尾崎豊の「I Love You」の音源を提供して頂いた。 NHKの「The Covers」に2018年10月に出演したときのものだ。 この時の歌声と去年12月にNHK「おやすみ日本」に出演して同曲を歌っ …

ジェジュンVocalReview「Just Another Girl」(2018The Reunion in memoryより)

ジェジュンが日本活動を再始動した最初のライブ「2018 The Reunion in memory」から「Just Another Girl」   「みなさまが家で楽しく過ごせますように、ジェジュンのLIVE映 …

再掲 King Gnu VocalReview「白日」

コメントでご指摘を頂き、ボーカリストの認識に過誤がありましたので、その部分の記事を訂正してあげなおします。 ファンの方やご本人には大変失礼なことをしました。 バンドやグループの場合、ボーカリストが複数いる場合は、音源だけ …

ジェジュン「Ray of Light」(CDTV) フロントボイスポジション

ジェジュンがCDTVに出演して歌った「Ray of Light」を聴いた。 完全に声が戻っていると感じた。それは彼のこの日の歌声がどの声域においてもポジションが上になっているのが聴き取れたからだ。 この日の彼の歌声はどの …

氷川きよしVocalReview「最後の雨」

中西保志の「最後の雨」は多くのJPOP歌手がカバーしている。 この曲はJPOP中のJPOP。この時代の最も特徴的な歌だと感じる。 この歌を氷川きよしが歌っているというのが意外だった。なぜなら今まで聞いた彼のJPOP曲のカ …

三浦大知VocalReview Vol.152「I’m Here」

三浦大知の新曲「I’m Here」を聴いた。 ダンスナンバー。軽快な曲調。後半には畳み掛けるようなテンポ感の中で彼の歌と踊りが時折、静止画像のように展開される。 メロディーラインは彼が最も出しやすい中音域を中 …

ミュージカルレビュー 城田優「ファントム」

城田優は優れた演出家だと思った。 観客を何も気負わさずにその世界に連れて行く。 いつのまにか私は19世紀後半のパリにいた。 城田優は最近自分が主演するだけでなく演出や歌詞の翻訳など自らが制作側に参加する演目が多い。 「P …

音楽記事 三浦大知の歌声の秘密2

②発声を変えた後。 先ずは彼がどのように発声を変えたのか、ということを考えてみたいと思う。 発声を変える以前は、彼の発声ポジションは喉、または胸の位置にあり、地声でそのまま歌っていたと考えられる。しかし彼は「The An …



【プロフィール】
松島耒仁子(マツシマ クニコ)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)理事
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.