音楽ライターが紐解くJPOPの世界
ブログ

タグ : 氷川きよし

氷川きよしVocalReview「おもひぞら」(ミュージックフェア)

ミュージックフェアに出演した氷川きよしの「おもひぞら」を聴いた。   この曲はアルバムPapillonに収録されている曲で、「いきものがかり」の水野良樹が作った曲でもあるが、 リアルに今回、聴いて、アルバム収録 …

氷川きよしVocalReview「碧し」(Papillon)

GReeeeN が書き下ろした2017年の楽曲だ。 軽快で明るい曲調。 それに合わせるかのように彼の歌も軽く明るい色調の歌声だ。 縦に刻まれるリズムは、弛まず前へ前へと力強く歩き続ける。 ポップな歌声がこの曲の明るさにマ …

氷川きよしVocalReview「限界突破✖️サバイバー」(Papillon)

氷川きよしが自分らしく生きていこうという思いを決めるきっかけになった曲。 この曲との出会いが彼に与えた影響は計り知れない。   歌手は優れた楽曲によって成長するが、この曲との出会いはまさに彼にとって運命の出会い …

氷川きよしVocalReview「確信」(Papillon)

ハードロックだ。 力強く張りのある彼の声が気持ちいいほど、鳴り響いている。 アップテンポで冒頭からトップギアだ。 リズムが縦に刻まれている中で、歌は小刻みに動きながら横のラインを奏でる。 前へ前へどんどん進む音楽の中で、 …

氷川きよしVocalReview「ボヘミアン・ラプソディ」(Papillon)

この曲のレビューは既にMステ出演時や、昨年末のスペシャルコンサートのDVDを拝見した時に書いたのだが、CDに収録された音源を聴くとまた別の側面が見えてくる。 まず、氷川きよしの持ち味である「言葉の一つ一つが非常に明快であ …

氷川きよしVocalReview「笑っていこうぜ」(Papillon)

明るいアタックの効いた前向きの歌だ。 声はパンチではなく、アタックが効いている。言葉のエッジのアタックが鋭く、歌詞の一つ一つが非常に立っている。 また歌声は明るくどこにも屈託がない。 綺麗に音の粒が揃えられており、響きも …

氷川きよしVocalReview 「Going my way」(Papillon)

アップテンポの明るい楽曲。軽い印象の楽曲。 その印象に合わせるかのように彼の歌声も深刻さはどこにもない。 軽いタッチのR&Bでバックコーラスとのハモリもテンポ感が良い。 歌詞の内容にあるように「前を向いて歩いて行 …

氷川きよしVocalReview「Never give up 」(Papillon)

この曲も全く違う彼の歌声が聞こえる。 全編が甘い歌声であり、色彩の濃い歌声である。 この歌声を聴く限り、もう演歌の影はどこにも見当たらない。 そしてこの歌声が氷川きよしの昔からの歌声だったように感じるほど自然で今の彼のイ …

氷川きよしVocalReview「おもひぞら」(Papillon)

「おもひぞら」はいきものがかりの水野良樹の作詩・作曲の楽曲。 氷川が「故郷から18歳の時に上京して、その時の両親の思いと自分自身の思いを表現してくれているような作品と言うほど彼自身の思入れのある楽曲。 冒頭からの低音域は …

氷川きよし「This is Love」(Papillon)

この曲もミディアムバラード。 前の曲の「Love Song」よりももう少し明るく軽い曲調である。深刻さはない。   。 歌声は全体に力を抜いて七分目ぐらいの歌声。 これも非常に甘い歌声だ。鼻に響きを入れて甘い歌 …

« 1 3 4 5 10 »



【プロフィール】
久道りょう(松島耒仁子)

音楽評論家
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン(MPCJ)所属
ボイスブランディングクリエイター
詳しくはこちら⇒プロフィール

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © JPOPのある暮らし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.