2004年1月14日発売の「HUG」と同時収録曲。

 

この曲に関しては2つの動画を検証した。
伴奏つきとアカペラバージョンだ。

この2つはジェジュンの初期の歌の特徴をよく現している。

「My Little Pricess」は、HUGに比べてメロディーラインが低。そのため、彼にとっては声のコントロールが難しくなる。
彼の最良の中音域の響きはHUGのメロディーラインだ。「HUG」の高さだと彼は無理なく響きを充てることが出来る。それに比べると、この曲は4度低い。そのため、響きを当てるのに苦労しているところが垣間見える。
しかし冒頭の歌い出しの4小節は見事で、特徴的な甘い綺麗な声は低音域の中に健在している。
さらに時折、堪らないほど甘美な音色を奏でる。
また、言葉の入りも完璧で曲の雰囲気を壊さないように甘くソフトに入ってくる。
HUGの明快な入りとは全く違った入りになる。
彼の感性、即ち、曲の雰囲気を的確に捉え、曲に合った歌い出しを作ってくるところは、持って生まれた感受性の問題であり、誰に教えられて身につくものでは決してない。

ジェジュンには天性の感受性があり、曲の雰囲気に合わせた歌い方をするのはこの頃から変わらない。
これはアカペラバージョンを聞くと一層顕著にわかる。また言葉の処理能力が秀でているのもわかる。

歌は、歌の出だしが1番難しいと言われている。
第1声の出だしに歌手はすべての神経を集中させると言われるほど気を使う。
なぜなら聴衆は第1声でその歌手の力量を見破るからだ。
また歌手側は、自分の出だしの声を耳で確かめながら、自分の音程を判断する。

特に彼の場合、曲の出だしを担うため、特にアカペラでは彼の音程の正確さによって、グループ全体のハーモニーが決まる。それゆえ、リードボーカルを担う彼には音程の正確さが何よりも求められる。

この曲に関しては、非常に歌い出しは安定した音程を作っている。しかし、後半の高音部が出てくる部分になると、この頃の彼の発声の問題点が垣間見える。

それは、チェストボイス(地声)での発声のため、高音部になると伸びやかさが消え、喉を締め付け、下から突きあげたような歌声になる。

この時点での彼の高音部の限界点であり、発声の悪さをよく現している。

このことから現在のハイトーンボイスは、彼が後天的に努力して伸ばしてきたものだということもわかる。

 

「My Little Pricess」は初期の彼の歌声の特徴を良くも悪くも現した一曲と言える。