リクエスト頂いて、ジェジュンが歌っている韓国ドラマ「Mr Heart」のOST「呼んでみても」を聴いた。

最近、彼がレコーディングしたものだから、これが直近の彼の歌声ということになるのだろう。

 

これを聴く限り、やはり彼は韓国語を歌う時と日本語を歌う時とでは明らかに発声のポジションが異なるとわかった。また韓国語は発音の特徴から、喉に響きが落ちやすいという特性も感じることが出来た。

それは扁平的な発音を要求される単語では、どうしても喉にひっかける形で発音しなければならないということがあり、喉に響きが落ちやすい、響きを落とさなくては扁平的な発音にならない、という特徴がある事を示している。

それゆえ、韓国人歌手は、下から突き上げる歌い方をする人が多い、という特徴が生まれる。

それが長年、韓国語の歌しか歌ってなかったジェジュンの歌声が日本語の歌を歌っても、韓国語と同じポジションになってしまっていた理由でもある。

 

ただ今回の歌を聴く限り、今までの彼の歌い方と明らかに異なると感じたのは、複合母音の時の発音でどうしても喉を横へ開いて扁平的な発音になるときに、今までなら扁平的な歌声を使い、その形のままで高音部を突き上げるように歌っていたのが、今回の歌にはその傾向が見られなかった。

扁平的な発音のあと、高音部へメロディーが推移する時、単母音の発音の単語では、一旦必ず喉の奥を縦に開く形に戻して高音部を上のポジションから発声している。そのため、複合母音以外の単語に於いては、縦に喉が開かれた発音になり、ブレスの通りが良くなり、エアーが良く口元で良く循環する歌声になっており、扁平的な歌声になっていない。

これが近年の韓国語の歌声との大きな違いであると感じる。

 

韓国語を歌う場合でも、エアーの流れを意識して、十分にブレスを循環させる歌い方にすれば、扁平的な発音の単語を歌っても、全体の歌声の響きは扁平的にならず、伸びを失うことはない。

 

この歌に関して言えば、高音域に扁平的な発音の単語が多用されているが、その単語以外は全体的に歌声に伸びがあり、ブレスが良く循環したウィスパーボイスを多用したソフトで綺麗な響きの歌声になっている。

 

これは、破裂音や複合母音がある韓国語であっても、それ以外の単語の発音ポジションを喉の奥を縦に開く形に固定することで、突き上げるような発声をしなくても歌えるという事を証明している。

 

ジェジュンの歌の持ち味は、韓国人にありがちな突き上げるような歌い方ではなく、ソフトで響きを綺麗に繋げてエアーを十分に循環させた伸びのある歌い方であると考える。

日本語で歌う場合の喉の奥が良く開き、エアーの流れが良く循環する歌い方によって、伸びのある歌声が出来上がるのである。それが彼の歌声の持ち味であると私は考える。

 

何語であっても同じ歌声にするというのは非常に難しいテクニックであるが、彼がその歌い方を身につける事で、さらに歌手として進化していくことだろう。

そうする事でアーティスト、ジェジュンは、次の段階のステージへ上がることになると考える。

 

半年の間、韓国で生活していた彼が、今夜のオンラインライブで、どのような日本語の歌を披露するのか非常に興味深い。

日本語での歌がアルバムの歌声のように伸びのある歌声であるなら、彼は完全に元の伸びのある歌声のポジションを取り戻したと言えるだろう。